中古車買取と付属品の保管について

中古車を売るのだから、車本体だけを業者に見せればいい。

こんな風に考えている方がいるなら、その人は中古車買取で損をすることになるかもしれません。

なぜなら、中古車買取で評価されるのは、車だけではないからです。
それ以外にも査定の対象になるところがあり、それらも含めて評価されて最終的な買取金額が決まるのです。


では、車以外で査定対象になるところとはどんなところでしょうか。
例えば、種々の付属品が挙げられるでしょう。
自動車の取扱説明書、整備手帳、保証書、ハンドブック、配線、スペアキーなどですが、こうした付属品を保管しておけば査定額をアップできるかもしれません。
なぜなら、書類や付属品がしっかり揃っていることで、その車の信頼性を高めることができるからです。



オーナーの管理の良さもアピールすることができますが、それと同時に、その車を転売するときに消費者に対して車の信頼性をアピールすることもできます。

そんな理由から、書類や付属品を保管しておくことは買取価格上昇に繋がるのです。この点をよく覚えておいて、車を査定に出すまでに、書類や付属品が揃ってるかどうかを確認しておきましょう。
ただ残しておくだけでなく、できればよい状態で保存しておくのが望ましいので、しかるべき場所を確保して綺麗な状態で保存できるようにしておきましょう。



ちなみに純正オプションなども買取額を上げる要素になりますので、純正ナビなどのオプションが残っていたら、それも保管して取っておいてください。